LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ

小山龍介公式ブログ

【速攻レビュー】Apple Watch series 4が使える!

今日届いた Apple Watchを早速使ってみたところこれがかなり使えることがわかった。画面がシリーズ3よりも一回り大きくなっているので、操作がかなりしやすい。42mmと44mmとを比較すると、740平方ミリメートルと977平方ミリメートルで、32%アップしている。

f:id:ryu2net:20180921201027p:plain

各アプリへのアクセスが向上

また待ち受け画面の情報量も増え、その結果、アプリへのリンク(コンプリケーション)を増やすことができる。

下のInfograph Modularの画面キャプチャーでいうと、設定できるコンプリケーションは、従来の3つから4つに増えた。僕は、左上に天気、左下に音楽、下の真ん中にはHeart Watchという心拍数を継続するアプリ、右側には仕事の時間などを計測する(いわゆるポモドーロ用としての)タイマーへのリンクを置いている。

そして音楽などの各アプリに入ったときも、この大きな画面を活かした操作性の高さから、これまでよりも積極的に「操作してやろう」という気持ちになる。

f:id:ryu2net:20180921195242p:plain

操作のためのデバイスへと進化

こうしたことからも、Series3までの通知デバイスとしてのApple Watchから、閲覧デバイスのApple Watch、さらには操作のためのデバイスに進化したように思う。こうなると、近所に出かけるときには、もはやiPhoneは持たずにApple Watchだけで充分という感じがする。

そしてひとつ重要なことが、いよいよAirPodとの連携が必須になってきたということだ。Apple Watchで電話を受け取るときに、Apple Watchで受け答えをしていると会話の内容が周りにまる聞こえになるので、ちょっと恥ずかしい。しかしAirPodをつけていれば、そうした心配もいらない。操作系のデバイスとして進化したApple Watchを最大限に利用するならば、AirPodは欠かせない。

フィードバックが心地よい

それから、細かな違いだが、竜頭にタプティックエンジンが組み込まれ、回していると小さな振動を指先に感じるようになった。どれくらい回しているのかを実感することができる。時計のように常日頃身につけ、操作するデバイスになればなるほど、心地よい操作感の積み重ねは大きな違いになる。Appleを使い続ける理由の一つが、こうした、ほとんど言葉にできなような小さな違いなのだ。

改善が積み重なって、ブレークスルーする

iPhoneのときも、当初はあまりに動作がもっさりしていて、とても入力デバイスとして使えなかった。しかし今や、音声入力も含めてどんどんアウトプットできるようになってきた。ちなみにこの記事もiPhoneで音声入力したあとに、Macで修正して投稿している。

Apple Watchについても、いよいよAppleがやりたかったことに近づいている気がする。Series4は、ひとつ段階を超えたように思う。

Osmo Mobile 2 による旅行動画がプロっぽく撮れてびっくり

 先日、Osmo MobileからOsmo Mobile 2に買い替えして、旅行で撮影してみた。いわゆるジンバルというもので、手ブレをしっかりと補正してくれるツールである。

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
 

そのときの動画がこれ。素人とは思えないほど、スムーズな移動撮影が可能になっている。

www.facebook.com

Osmo Mobile 2 になって、バッテリーが15時間もつようになった。これについては以前の記事でも取り上げたが、2に買い換えるべき大きな理由の一つ。

www.lifehack-street.com

15時間というのはつまり、一日電源を入れっぱなしでも大丈夫になったのだ。これが心理的障壁を劇的に下げる効果になっている。(今回の旅行では、まだまだだが)思いついたらどんどん撮っていけるようになった。

持ち運び問題を解決する

ただ、今回の撮影でわかったことが、Osmo Mobile 2を持ちながら、一眼レフの撮影がしづらいという点だ。ストラップもつけていないのでしっかりと手で持ち歩くことになる。そうすると、一眼レフカメラを両手で構えられない。

この解決方法についてウェブで調べたところ、次のような記事を見つけた。三脚用のネジ穴にストラップをつけて解決するのである。

www.droneskyfish.com

これは次回、試してみたい。

つけっぱなし運用をしたい

持ち歩きのiPhone Xをつけて撮影したのだけど、Osmo Mobile 2 につけたままだと、微妙にキーボードが打ちにくい。ホルダーがじゃまになって、aのキーが打てない。フリックで打っている人はいいけれど、キーボードを使っている人は、スマホを使おうとするたびに外さなくてはいけないのだ。これはかなり面倒。

買い替えで使わなくなったiPhoneをつけっぱなしにして運用するほうがよさそう。次回は(ちょうどiPhone Xs乗り換えもあるので)、専用iPhoneをつけっぱなしにしてみようと思う。

子供の読書習慣をつけさせるには、Kindleが一番

8歳になる娘にKindleを買い与えたら、想像以上によかった。 

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、Wi-Fi 、ブラック

 

もともと読書好きで、ゾロリシリーズはおそらく40冊以上コンプリートして、隙があると読んでいるくらいだったが、本は物理的に重いのが難点だった。

また、何度も同じ本を読んでいるとやっぱり飽きてくるらしい。本を買い与えたいが、置く場所にも限りがある。図書館で借りるにしても、毎日行くわけにもいかない。

本以外では、iPadに中毒気味で、暇になるとすぐ「iPadが見たい!」とやってくる。見るのは子供YouTuberがおもちゃで遊ぶ動画。長時間見続けたら目が悪くなるだろうし、教育的効果も正直疑問。

利点1 Kindleは軽い!

まず大きいのは、Kindleが軽いということ。本よりも軽いわけで、カバンに入れて持ち運ぶのになんの苦労もない。何十冊という本を、簡単に持ち運べる。

利点2 Kindleは目に優しい!

あくまでiPadに比べて、ですが、電子Paperなので直接目に光がやってこないので、目に優しい。バックライトをつけているので、すこし暗い場所での読書でいえば、紙の本よりも目が疲れない。

利点3 文字の大きさを、年齢に合わせて調整できる!

子供の年齢によって教科書の文字の大きさが違うように、やはりその年齢(読解力)に合った文字の大きさがあるよう。紙の本だと、能力的に読める本でも、文字が小さいと敬遠してしまう。Kindleならそういうことがない。

欠点1 本を読みすぎる!

気づいたらどんどん本を読み進めてしまって、紙の本では考えられないスピードで読み終わっていく。紙の本の物理的な制約(重さ)から解き放たれて、思考スピードそのままに読んでいる感じ。

欠点2 お金がかかる!

本を読みすぎると、当たり前だがお金がかかる。一部は、unlimitedの読み放題の本で賄っているが、すべてが対応しているわけでは、もちろんない。

欠点3 本が少ない!

こうしてどんどん本を読み進めるのはいいんだけど、子供用の本のKindle化率が非常に低い。いまならチャンスだと思う。めぼしいものがない。たとえばマジック・ツリーハウスシリーズは、本であれば40巻以上あるシリーズなのだが、Kindle化されているのは4巻まで。10%以下である。

マジック・ツリーハウス1 恐竜の谷の大冒険 (角川書店単行本)

マジック・ツリーハウス1 恐竜の谷の大冒険 (角川書店単行本)

  • 作者: メアリー・ポープ・オズボーン,食野雅子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
マジック・ツリーハウス2 女王フュテピのなぞ (角川書店単行本)

マジック・ツリーハウス2 女王フュテピのなぞ (角川書店単行本)

  • 作者: メアリー・ポープ・オズボーン,食野雅子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
マジック・ツリーハウス4 マンモスとなぞの原始人 (角川書店単行本)

マジック・ツリーハウス4 マンモスとなぞの原始人 (角川書店単行本)

  • 作者: メアリー・ポープ・オズボーン,食野雅子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 
マジック・ツリーハウス3 アマゾン大脱出 (角川書店単行本)

マジック・ツリーハウス3 アマゾン大脱出 (角川書店単行本)

  • 作者: メアリー・ポープ・オズボーン,食野雅子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

僕自身は、「紙の本」信仰は少ない。できるだけ電子書籍で読みたい派。「子供のころは紙の本を」という意見も聞くが、本当にそうだろうかとも思う。

新iPhone、何を買うべきか問題に、ミリ単位で答えを出す

昨年はiPhone Xに乗り換えたところで、今年の発表。正直なところ、同じサイズであれば買い替えの理由がほとんどないように見える。プロセッサのスピードがあがり、カメラがすこしよくなったくらいなので、こだわらなければもう一年、全然だいじょうぶだろう。

www.gizmodo.jp

しかし気になるのが、Maxである。日本語の語感的にはメガ盛りみたいなダサさを感じさせるこのネーミングに躊躇するものの、もしかしたらいいかも!である。Plusより若干小さい。Plusは正直大きすぎる。しかしそれより小さいのなら、行けるかもしれない! ただ、ほんと若干。

下の図は、左がiPhone8 Plus、右が我らがMaxである。

f:id:ryu2net:20180913113655p:plain

 

信者は、この「高さが0.9mm、幅が0.7mm小さくなった」というところに、希望を見出すのである。

思想の回復に向けて

『言語論的転回』がおこり、普遍的真理はない(というニヒリズム)によって、思想の重要性が失われたという指摘。平成を振り返る上でも、日本における思想的な停滞に目を向けることは重要だろう。

ta26.hatenablog.com

日本では思想すること、宗教や道徳、倫理について議論することが、それ以前と比較しても、本当に少なくなってしまった。同時並行で、コミュニティの崩壊も進んだこともあって、人々の行動の動機も、『金銭的な多寡』や『損得勘定』しかなくなり、『損得勘定を超えた止むに止まれぬ行動』とか『価値や大切な人のために命をかける』というような規範的な行動を目にすることは滅多になくなってしまった。利他主義に基づく社会規範的行動は、どんどん後退して、互恵性に基づく市場規範的な行動ばかりが前景化した。

こうした現状を打破する世界的な動きのひとつとして、実在論的転回が指摘されている。

私たちは思考と存在の相関のみにアクセスできるのであり、一方の項のみへのアクセスはできない。したがって今後、そのように理解された相関の乗り越え不可能な性格を認めるという思考のあらゆる傾向を、相関主義と呼ぶことにしよう。そうすると、素朴実在論であることを望まないあらゆる哲学は、相関主義の一種になったと言うことができる。

メイヤスーによれば、こうした「相関主義」は、20世紀の現象学であれ、分析哲学であれ、免れてはいません。そして、言うまでもなく、言語論的転回やポストモダン思想も例外ではありません。メイヤスーはこうした相関主義を乗り越え、思考から独立した「存在」へと向かうのです。 

diamond.jp

メイヤスーによれば、カントの超越論的観念論(認識論的転回)も、20世紀の言語論的転回も、ポストモダン思想も、相関主義に他ならず、批判されなくてはならないのです。

この夏はカントに取り組んでいて、ここでいう「カントの超越論的観念論(認識論的転回)」の問題にまずあたっているところで、なかなか追いついていない……。 

αアカデミーで写真講座を受講、先生からの全写真講評がすごく勉強になる

急にカメラ勉強熱が急沸騰して、思いつきのように参加したのがこの講座。最初が「上級」ということで、ちょっとビクビクして行ったけど、結論から言えばすっごく勉強になった! 

f:id:ryu2net:20180909093008p:plain

先生は、自由が丘で写真教室をされているさいとうおり先生。全然、下調べしなかったんだけど、すごく素敵な写真ばかり。

tokyotarte.exblog.jp

参加者は、男性は2名、のこり女性という構成で、まったくの先入観で高齢男性が多いのかと思っていたから、ちょっと想定外。テーブルフォトというジャンルと、この先生自身が女子フォトレッスンサロンを主催されているのだから、当然ですね。

このリンク先の写真にあるように、インスタばえする写真の撮り方だけでなく、スタイリングもしっかり教えてくれて、目からウロコ。写真を撮るほうばかりで、スタイリングという意識がなかったので、新鮮でした。

講座の進み方(前半) レクチャーから撮影

最初はさいとう先生から撮り方のレクチャーが30分ほどある。食器の並べ方のバリエーション、撮影のバリエーションをかけあわせて、48種類のパターンを教えてもらう。「今日はとにかく1000本ノックのつもりでたくさん撮って」と言われ、さっそくテーブルに並べて撮り始める。

それで、並べていくときに、僕なんかはビクビク、まずは基本形からということで、こんな写真を撮っていたんです。

f:id:ryu2net:20180908111158j:plain

f:id:ryu2net:20180908111627j:plain

女性は最初から、食材をどんどん載せて、撮る撮る。躊躇せず、失敗を恐れずやるところが、ほんとすごい。

f:id:ryu2net:20180908120949j:plain

 

徐々に食材を増やしながら、写真を撮っていきました。これが11:00-12:40の100分。いやー、ふらふらになりました。こんなに頭を使って疲れたのは、久しぶりでした。一日3セッションとか回している稲垣純也さんとか、ほんとすごい。

www.facebook.com

以下、なぜか稲垣さんの宣伝を(笑)。

twitter.com

note.mu

講座の進み方(後半) 講評

お昼ご飯をみんなで食べたあとに、写真の講評。ここで思わぬ一言。「撮った写真、全部見ますので」。

えーーーー!?ですよ。まったく油断していた。てっきり、選んだ数枚を講評するのかと思ってた!(先生によっても違うらしい)

ただ、この講評がすごくよかった。撮り方の癖も指摘してもらえて、無意識のうちにやっているNGもよくわかった。

先生からいただいたコメント

  • おきものは45度くらいに傾けるとよい
  • 明るいところにフォーカスを持ってくる。暗いところにもってきても見えなくてもったいない。
  • 望遠でさらにF4まで開放すると、ボケすぎてだめ。すこし絞る。
  • 後ろの線と、前の被写体の境界線が重なると変。
  • 24-105で撮るときは、70mmを選択するよりも、105mmで自分が引いて撮る。
  • タイルの中心線をしっかり意識する。ゆがみのないように。
  • ブルーベリージャムは、つけてとるとのりの佃煮みたいになって映えない。
  • 整えすぎない、適度にバラけさせる。

ということで、当日撮った写真がこちら。

f:id:ryu2net:20180908113009j:plain

f:id:ryu2net:20180908113304j:plain

f:id:ryu2net:20180908114534j:plain

f:id:ryu2net:20180908115144j:plain

f:id:ryu2net:20180908121152j:plain

f:id:ryu2net:20180908122049j:plain

 

忙しい社会人がカメラを学ぶにはどうすべきか?

独学で学ぶにはやっぱり限界がある。社会人はこういうとき、お金で解決する。つまり、ちゃんとした先生に学ぶということ。

それで、カメラ講座を受けようと思ったら、ちゃんとしたものだとやっぱりシリーズ物なんですよね。なかなか一日で受けられるものがない。たとえば、京都造形芸術大学の藝術学舎でも、やっぱり隔週水曜日開催となる。じっくり腰を据えてやるには、数日のコースになるのはしょうがない。

f:id:ryu2net:20180907230922p:plain

藝術学舎 | 京都造形芸術大学がおくる社会人のための公開講座

 

もっているカメラがソニーのαシリーズなので、αアカデミーをみてみる。こちらは単発講座もそれなりにある。さっそく明日、ひとつ講座を受けてくる予定。

msc.sony.jp

おなじカメラメーカーであれば、ニコンカレッジ。数日のコースが多い。

www.nikon-image.com

そして、キヤノンはEOS学園。こちらはオンラインコースもある。さっそくオンライン講座をいくつか受けていて、これはこれで参考になる。

cweb.canon.jp

ほかにも、ストリートアカデミーという選択肢も。プロのカメラマンが講座を持っていて、なかなか魅力的なラインナップ。

www.street-academy.com

講師の評価もついているので、判断しやすい。この人なんか、すごい高評価。日程が合わなかったので、こちらから開催のリクエストを送ってみたりもしている。

 

f:id:ryu2net:20180907231506p:plain

橘田龍馬の写真家_橘田龍馬『ワクワク楽しい♪写真教室』原宿 | ストアカ

もうひとつは、プラクティカルフォトというのの無料体験講座も申し込んでみた。

jeara-photo.com

 

結果、どれで学び続けることになるか、また報告したいと思う。