LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ

小山龍介公式ブログ

「二重存在がつくりだす表現について」|場のシンポジウム2018

2018年9月1日、NPO法人場の研究所が主催する「場のシンポジウム2018」が開催された。「二重存在と日本の表現 ―世界に存在する自分、世界として存在する自分―」というテーマの今回のシンポジウムにおいて、東大名誉教授で場の研究所所長の清水博先生による講演「二重存在がつくりだす表現について」が行われた。

f:id:ryu2net:20180901134336j:plain

存在論における時間性と場所性

清水は、「人間の在り方(存在)が地球の在り方(存在)と合っていないため、深刻な矛盾が生まれている」と指摘する。そのため、「全体的な秩序(居場所の〈いのち〉)を作りながら生きる」という二重存在としての在り方が必要となっている。

ハイデガーは存在論を展開した。しかし自己以外の存在社の存在を一般的に表現できないという限界があった。自分以外の存在者を自己への道具性として捉える自己中心的な限界である。そのため、存在を表現するのに必要な場所性が見落とされた。

西田幾多郎は「矛盾的自己同一」は場所性を捉えてはいたが、逆に存在の時間性を見落としていた。

二重存在と〈いのち〉のドラマ

清水が提唱する〈いのち〉の科学では、存在を二重存在として捉える。ハイデガーの「本来的存在」と「非本来的存在」という構造ではなく、「個体としての存在」と「居場所としての存在」という二重存在である。これは例えば家族においては、「個人としての存在」と「家庭の一部としての存在」の二重存在がある。

居場所を「舞台」として〈いのち〉のドラマが生まれていく。生きものは〈いのち〉を居場所に無償で提供することで、自己の存在を位置づける。これを〈いのち〉の与贈という。この与贈された〈いのち〉が自律的につながって〈いのち〉が自己組織化されて、「居場所の〈いのち〉」がうまれる。そうして居場所の〈いのち〉が生きものを包んで居場所に位置づけ、存在を安定化させる。ここに〈いのち〉の与贈循環が生まれる。

f:id:ryu2net:20180901134437j:plain

そのうえで、与贈循環が起きるためには、独立した個体の存在が必要となると清水は指摘する。居場所としての家庭は「生活体」として家庭の歴史を生み出していくが、家庭を「舞台」として、家族が「即興劇」の「役者」として「〈いのち〉のドラマ」を共演していく現象である。このとき、与贈主体としての与贈力が問われるのである。

鍵と鍵穴の相互誘導合致

与贈する個体と居場所とは、鍵と鍵穴のように整合する。居場所に合わせて与贈すると同時に、居場所の側も与贈に合わせて形を変えていく。お互いに合わせながら、相手を誘導していく。これを相互誘導合致という。竹内整一のいう「みずから」と「おのずから」という言葉で説明するなら、多数多様な「みずから」が自己組織的に統合されて場となり、「おのずから」の形をとって帰ってくるといえる。このとき、行きと帰りとでは明暗の位相が変わってくる。

二重存在の例としてさまざまな例を挙げる。

  • 多数多様な約60兆個の細胞と、人間という個体
  • 多数多様な従業員と、企業という生活体
  • 多数多様な住民と、地域のコミュニティ
  • 多数多様な生きものと、地球という生活体

「色即是空、空即是色」もまた二重存在の表現である。色は物であり、細胞みたいなものである。空とは存在であり、ここでいう人間という個体である。それは色から生まれている。その場合「即」は与贈循環や総合誘導合致に相当するのだという。

居場所の未来から意味づけと存在の救済

ハイデガーは現存在を時間化したが、西洋哲学において死そのものはこの時間の中には含まれない。死の直前からの時間化である。一方、日本は死後の居場所を出発点に取る。死が含まれているのである。自己ではなく居場所に力点が置かれる。

その結果、ハイデガーが自己の死がある未来の方から、自己の存在を意味づけていく在り方だが、一方、与贈は居場所の未来の方から自己の現在の存在を意味づけていく。自己の存在を居場所に位置づける主体的行為なのである。

浄土真宗は「居場所としての存在」の形によって存在が救済させれると説く。その居場所は「浄土」と呼ばれ、その居場所の〈いのち〉が阿弥陀如来に相当する。それを「信じること」が、その居場所への与贈となる。柳宗悦の民藝論は、「浄土」からの〈いのち〉の与贈循環が「〈いのち〉の美」を生み出すと主張したと考えていいのではないか。

ニヒリズムの暗雲を晴らすために

現在から未来へ向かっていく時間の流れに対して、未来の内在的居場所から自己の現在の存在を意味づける「時間化」という流れが循環していくことで、〈いのち〉の即興劇が起こってくる。即興劇を演じるためには、調和のある未来の状態を共有して、その未来に向かってリズムを合わせながら共存在していくことが必要である。

f:id:ryu2net:20180901143008j:plain

存在が救済されるためには、居場所への与贈が必要である。与贈によって救済を受ける鍵の形をある程度まではっきりさせなければ、どのような救済の場としての鍵穴と相互誘導合致させられないのである。もし今、苦労していくということがあれば、それは居場所と相互誘導合致させようとしていると考えるといいのではないか。

個体から居場所への〈いのち〉の与贈がなければ、「居場所としての存在」が生まれない。ハイデガーのいう「本来的存在」と「非本来的存在」のような存在の形が生まれて、〈いのち〉のドラマが消えてしまう。ナチ党に入党するような「ニヒリズム」(力の信奉と弱者へのハラスメントの押し付け)が現れてしまう。

「二重存在の与贈と与贈循環の活き」には多数多様な存在を生み出して、ニヒリズムの暗雲をはらす〈いのち〉の力がある。この力を大きくしていくことが、人間が他の生きものと共にこの地球に生きていくために必要である。

文責:小山龍介

f:id:ryu2net:20180901134401j:plain

Arloネットワークカメラが便利すぎる!

小学生の娘がいて、ときどきお留守番を頼むこともある。それで、ちゃんと家にいるか確認するのに、これが便利。特に双方向の通話ができるのが、うれしい。宿題やらずにテレビ見ていたら注意もできるし(笑)。

設置も簡単で、これであればオフィスや自由が丘の店舗にもおいておこうかと思うくらい。

警戒モードというものがあって、動いているものがいたら録画した上で通知をしてくれる。自分が自宅を離れたときにこのモードになるようにジオフェンスという仕組みがある。いまのところ、妻と私が両方離れているときに、警戒モードになるように設定している。

これが15,500円。いやー、こうした仕組み、どんどんコストが下がっていきますね。

DJI Osmo Mobile1と2どちらがいいか問題

DJI Osmo Mobile、しばらく使っていなかったので、使ってみようと出して調べていたら、Mobile2というのがでているんですね。

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
 

 

 それで調べてみたら、Osmo Mobile初代の問題をことごとく、解決しているんですよね。

ひとつは、バッテリー。初代は4.5時間。取り出し可能なので、予備バッテリーを買おうかと思って調べてたら、Osmo Mobile2にいきついた。Osmo Mobie2は、なんと15時間。これなら予備バッテリーいらないじゃん。

それから、充電端子の問題も。初代はミニジャックみたいな独自端子で、充電するのに独自ケーブルを持ち歩かなくてはならなかったのが、二代目はMicro USB端子。これなら、ケーブルを使い回せる。

しかも、USB端子がついていて、iPhoneを充電しながら撮影も可能だという。さっそく、Osmo Mobile2にじゃまにならないようなL字型ケーブル(0.2m)をつけてみたらぴったり。これでiPhoneのバッテリーも気にせず撮影ができる。

 

劣っているところがあるとすれば、材質がやや安っぽいところくらいか。初代よりも二代目が、だんぜんおすすめです!

 

 

大満足のロボットクリーナー ミニネオ

オフィスにはルンバをおいているんだけど、なかなかの価格。それで家には、なんちゃってロボット掃除機を購入したんだけど、これが想定外の働きをしてくれている。 

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ ロボット掃除機 AIM-RC03
 

ルンバであれば、空間認識をして効率的に掃除をしてくれるんだけど、これはとにかくぶつかったらランダムに方向転換する。まったく全体を把握せず、ただ動き続ける。そして電池が切れたら、行き倒れる。充電基地に戻るなんて機能もない。

しかし、これで十分部屋はきれいになるんですよね。なんだかライフゲームを見ているみたい。ぶつかったときの方向転換をランダムに行うというただそのルールだけで(実際にはもう少し挙動は複雑ですが)、すみずみまで掃除してしまう。ルンバよりずいぶん効率は悪く、時間はかかる。しかしいいんですよ。いないあいだに掃除が終わればいいわけで。

普通の部屋なら、ルンバじゃなくて、これで十分。

www.youtube.com

ニコンZマウントは成功するか?

ティザー広告を経て、いよいよ正式発表となったZマウント。高解像度のZ7と、解像度は抑えて使いやすさを優先したZ6。
dc.watch.impress.co.jp

僕は、キヤノン派かニコン派かといえばニコン派で、D800とか(分不相応に)使っていたときもありました。もしニコンのレンズ資産を持ち続けていたら、一択ですね。

ただ、数年前にSONYに乗り換えてからは、レンズも含めすべてSONYになってしまったので、今から乗り換えるのはない感じです。

こういう「乗り換え」ユーザーはともかく、ニコンを使い続けてきている人にとって、フルサイズミラーレスの選択肢ができるだけでも、十分価値があると思います。しっかり売れていくと思います。

SONYからの乗り換えがあるか?

一方、SONYに乗り換えてしまった立場からすると、あらためてニコンに行くか微妙じゃないかと思いますね。ほとんどの性能が、先行するSONYへのキャッチアップとなっている印象。

ソニーの苦手な分野を磨いてきた、というレビューもありますが、凌駕する感じではないです。

残念ながら、ゲームチェンジャーとなりつつあるα7シリーズの利点を上書きするようなモデルではありません。むしろα7シリーズが苦手な分野を磨きまくってきた印象を受けます。

www.gizmodo.jp

特に、瞳AFがないというのは、逆にSONYの強みを再認識した感じです。これ使い始めたらなしではいられないくらい、便利ですからね。

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K

 

 

自分OSをアップデートせよ! 

『最強のライフハック100』、店頭に並び始めました!

まえがきには、改めてライフハックの重要性を、OSのアップデートのアナロジーを使って語ってみました。

平成が終わるこのタイミングに、改めて取り組むべきライフハックを100個厳選しました。店頭で見かけたらぜひお手にとって見てください。

ーーー

 平成の30年間を通じて、仕事の仕方が大きく変化しました。これからいよいよ、新しいワークスタイルの本番がやってきます。しかし、このアップデートに気づいて対応できている人は、実はそれほど多くありません。

 このアップデートを一言で言えば、ずばり、ライフシフトです。

 これから必要とされるのは、人生100年時代に向けて、自分自身をアップデートし続け、現役として輝き続ける働き方です。
 ひとつの会社に所属しつづける「昭和の物語」は終わりを告げました。多くの企業で兼業、副業が許可され、複数の会社、団体に所属するのが当たり前になってくる。そのとき、「その会社独自」の働き方では通用しなくなります。
「会社に行く」という概念も変わります。在宅勤務も当たり前になり、場所に縛られない働き方が実現します。国境も関係なくなり、世界がいよいよつながっていきます。自動翻訳の技術の進展もあり、世界中のさまざまなチャンスへの扉が開くと同時に、世界中のライバルからの脅威にもさらされるでしょう。

 この本は、このライフシフトに対応したアップデートを迫ります。その核心はなにか。それは、


「人生という唯一無二の時間を、何に費やすか。」

その判断基準をガラリと変えることです。

 ジョブズは「もし今日が人生最後の日だったら、今日やる予定のことをやりたいだろうか」と自分自身に問うのだと言いました。今のあなたは、残念ながら今日やる予定のほとんどがやりたいと思えないかもしれない。この状態をこそ、アップデートしなければならないのです。
 ライフハックとは、人生100年時代を輝き続けるための実践的テクニックです。どんな複雑で困難な状況に陥っても、サクッと解決する。これがハックの本質です。人生のサバイバル術であり、同時に、そのサバイバルを楽しむための方法論なのです。

 もともとこうした新しい働き方に触れたのは、アメリカ留学のときでした。インターンとしてシリコンバレーで働くなかで、衝撃を受けました。グーグルでは業務時間の20%を自由に使ってよいとされ、無料の食堂でデザートをいただきました。またベンチャーのCTOの方からはいつも午後5時には退社、短時間のうちに成果を出すことの重要性を伺いました。夜、ホームパーティに参加すれば、そこでは会社の垣根を超えて最先端の話題で盛り上がっていました。

 人生を彩るのは、喜びです。さまざまな国からシリコンバレーに集まった人たちから学んだのは、そうしたシンプルな人生訓でした。

 仕事のなかで、多くの新規事業の企画立案、実行に関わってきました。そのなかでは、想定外のできごとにさらされます。思ってもみないことに遭遇したとき、不安に陥るのではなく、その冒険に喜びを感じられるかどうか。必要なのは、何が起こっても乗り越えられる確固たる方法なのです。

 この本は、このライフシフトに対応したアップデートを迫ります。そしてそれは、人生という100年の冒険をサバイバルするためのアップデートであり、人生に喜びを取り戻すためのアップデートなのです。

 準備はいいでしょうか。もう冒険は始まっています。一緒に大海原に漕ぎ出していきましょう。この冒険の書と一緒に。

 

 

仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100

仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100

 

 

RX100M6ファーストインプレッション

以前、RX100M3を購入したんだけど、なかなか活躍する機会がなく、α6500ばかりを使っていたんですが、そのα6500がα7iiiに主役の場を譲ったのを契機に、RX100もM6にアップデートしました。

ソニー SONY コンパクトデジタルカメラ サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M6

ソニー SONY コンパクトデジタルカメラ サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M6

 

しばらく使ってみたんですが、いい感じです。

良い点1 ズームが楽しい

M3が24−70mmだったのに対して、今回は24-200mmまで寄れるのがポイントなんですが、撮影していてやっぱり楽しい。ミラーレスで200mmとなると、大げさなレンズになるのが、これなら相手に気づかれずに表情を抜ける。カメラを意識していない表情を撮るときなんか、サイレント撮影機能も使うとばっちり。

良い点2 AF性能はすごい

M3にはない瞳AF機能含め、被写体を認識する力がすごい。3から6にあがると、その差が歴然とします。とくにズームで対象を追っていくと、手前のものを追ってしまうことがあるのですが、ちゃんと顔を認識して合わせてくれます。

良い点3 ポップアップのビューファインダーが改善

ポップアップ式のビューファインダーですが、M3のときには飛び出したあとにファインダーを手前に引くという2つのアクションが必要でした。M6はポン・パッとワンアクションで撮影可能になります。収納するときも、上から押さえると自動的にファインダーが引っ込みます。小さな改善ですが、これが撮影時のストレスを結構軽減してくれます。

悪い点 ブレやすい

そういえば思い出したんですが、M3を使わなくなった理由の一つが、ブレやすさ。M3には手ぶれ補正がないのかと今の今まで勘違いしていたんですが、手ぶれ補正はM3からついてたんですね。それでもブレるのは、本体があまりに小さいから。シャッターを押す動きだけでぶれてしまう。ぶれないように撮るためのコツが必要です。

結論

それでもM3と違って活躍している理由は、やっぱりズームですね。いっそのこと、広角とズームはRX100M6にまかせて、α7iiiは標準単焦点レンズにしてしまおうかと思うくらいです。