LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ

小山龍介公式ブログ

美大の提供するMBAの目指すもの

クリエイティブの力で世界を変えようとしているビジネススクールがある。美術大学であるセント・マーチンズである。

www.cinra.net

記事の中で、ジェレミー・ティル校長が次のように語る。

アートの役割は、変化していく世の中で、世界に議論を生んだり、外の世界や分断されたものの間でコラボレーションを生んだりしていくことです。単に実用的なもの、美しいものだけがアートなのではなく、新しい未来、新しいコラボレーションを生み出せます。政治やビジネスが苦手にしていることが、アートには可能なのです。

 ビジネススクールで教えながらいつも模索しているのは、まさに新しい未来の出現のさせ方、新しいコラボレーションのありかた。

私自身、授業に組み込んでいるのは、

  • ワールドカフェによる未来の創出
  • シナリオプランニングによる不測の未来への対処
  • ビジネス・インプロヴィゼーションによるアイデア創出と自己組織化
  • ビジネスモデル・キャンバスとバリュー・プロポジション・キャンバスによる構造的把握
  • システム思考による動態的な事業設計
  • アクションラーニング(質問会議)と学習する組織づくり

といったテーマである。あらためてこうしたコンテンツをMBAに取り入れていく必要があると再認識した。個人的には、ビジネススクールでアート教育を取り入れるだけでなく、美大でのビジネス教育の導入にも関わっていきたい。

地中美術館の「能舞台」的ありかた

地中美術館は地中の中に埋められた美術館であり、外観がすっかり隠されている。上空からであればその構造は確認できるが、地上からだとこうした構造は体感できない。地下に潜り込むと、まるで迷路の中に迷い込んだかのように、方向感覚を失ってしまう。あえて方向感覚を失わせるような構成にしていることは、明らかだろう。上空からの写真からも分かるように、幾何学的な構造がバラバラに配置されている。ここには、集中型回廊式展示空間にあるような、秩序が失われている。

f:id:ryu2net:20181023101941j:plain

集中回廊式展示空間とは、入り口かすぐに大きな空間を作り、そこで美術館全体の全体像が把握できるようにし、さらにそこから回廊を回ることによって美に触れていく様式である。基本的に、教会建築のありようから来ている。教会もまた、聖堂の中でスペクタクルに人々を巻き込み、そこからより具体的な説話を回廊の中で解説していくタイプのものだ。

 

こうした一貫した構造を持たない地中美術館は、啓蒙主義的な集中型回廊式展示とは対照的な空間軸、時間軸をもつことになった。集中型回廊式展示の美術館に限らずだが、普遍的な知を展示する美術館において、時間的な変化というものは、排除すべきものであった。基本的に外の光の入り込まない空間の中で、作品は昼でも夜でも同じような佇まいを見せる。どの時間、どの文脈においても有効な知=作品として展示される中で、集中型回廊式展示は、空間だけでなく時間的な普遍性を表現した。一方、地中美術館は外光によって見せる美術館であり、時間によってその風貌を変化させていく。普遍的な時間概念に対する。時々刻々と変化していく作品は、普遍性をめざす展示にはない豊かさをたたえている。

また、すべての作品が恒久展示となっており、その作品の多くは、この特殊な美術館に合わせた制作が行われたり、設計・設置されたりした。いわゆるサイトスペシフィック・アートの文脈の中で、作品はこの美術館だけの展示がなされており、これは当然、ホワイトキューブ構造の美術館への地中美術館は環境に溶け込みつつ、同時に観客にも環境の中に迷い込ませる構造になっている。観客の身体をも「サイトスペシフィック」に変貌させる装置として機能しているのである。

ホワイト・キューブ | 現代美術用語辞典ver.2.0

f:id:ryu2net:20181023102324j:plain

by Lux & Jourik

gigazine.net

なかでもウォルター・デ・マリアの作品には、個人的に非常に感銘を受けた。神話的な空間のなかで、我々は神のような抽象概念を感じつつ、しかし同時にここでしか体験できない一回性を強く意識する。普遍と一回性という相矛盾する要素、また時間間隔においても、そのタイトル「タイム/タイムレス/ノー・タイム」が示すように、時間の中で、しかし時間を忘れ、普遍的な時間に溶け込んでいくような体験をもたらす。

 

f:id:ryu2net:20181023102503p:plain

www.shikokuanthroposophiekreis.com

ホテルオークラ東京や東京国立近代美術館の設計者としても知られる谷口吉郎は、芸術作品と美術館の関係を能楽の「シテ」と「ワキ」という関係として捉えたが、地中美術館においては、能楽師と能舞台という比喩が適切だろう。能舞台は、大きさも構造も、能舞台ごとに微妙に異なっている。野外での薪能などでは、その時々の天候にも左右される。そのとき能楽師は、環境に合わせて臨機応変に対応する。演目は古典として普遍性をたたえながら、そのときどきに演じられる能舞台は、個別のものとしてアウラを感じさせる。地中美術館はまさに能舞台なのだ。

小野寺修二さん『竹取』は、「現代能」の可能性を見せてくれた

小野寺修二さんの『竹取』を見た。これがすごかった!

現代能楽集Ⅸ『竹取』 | 主催 | 世田谷パブリックシアター


現代能楽集「竹取」小野寺修二×野村萬斎インタビュー

 

現代能楽集というシリーズで、野田秀樹の『Diver』なんかもこのシリーズで行われているんだけど、小野寺さんの演劇は、「現代能楽」というコンセプトを実によく体現していた。

能は、ほんの小さな所作によって感情や状況を示唆し、その先にある空間に「ものごと」を出現させてしまう。今練習中の「田村」では、千手観音が放つ矢を目で追うことで、なにもない中空に「千の矢先」を出現させる。

noh-and-kyogen.com

小野寺さんはもともとパントマイムの人であり、まさになにもない空間に「ものごと」を出現させてきた。その延長にある小野寺演劇は、ダンスと演劇の中間で、そうしたなにもないところに想像させる身体的表現を行っている。天井から引っ張られた数本の紐で構成される舞台は、そのミニマムな設定が、まさに能舞台を彷彿とさせるものだった。

小野寺さんが主宰する「カンパニーデラシネラ」の映像を見ていたら、稽古映像にすごく惹かれた。物語がなくても、そこに物語が見えてくる。「能楽」的想像力とつながっていると思う。


カンパニーデラシネラ『椿姫』再演・稽古映像

 

それからもうひとつ、能楽は橋掛かりという装置を使って、彼岸と此岸の二元世界を出現させるところに特徴がある。『竹取』においては、それを、光と、それによってできる影の二元性、主人公がドッペルゲンガーのようにふたりに分裂しているかのような演出によって、二重写しの世界が生まれていた。そんなところにも、能とのつながりを感じたのかもしれない。

α7iiiでオールドレンズ沼にハマる 〜コンタックスG

写真を教わっている橘田龍馬さんに、「オールドレンズ、面白いよ!」と言われて、さっそく入手して遊んでる。いやー、奥深い。

 

目次

 

最初に購入したのはコンタックスGマウント 

購入したのはこのレンズ。それなりに流通量もあって、価格も高くない。しかもレンズの質もとても高い。オールドレンズらしいボケを味わおうと思ったら、すこしクリアすぎるくらいかも。

CONTAX コンタックス G用 Planar 45mm F2 T* (Carl Zeiss)

CONTAX コンタックス G用 Planar 45mm F2 T* (Carl Zeiss)

 
CONTAX コンタックス Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8 T* G用

CONTAX コンタックス Carl Zeiss Biogon 28mm F2.8 T* G用

 

 

αにオールドレンズをつけるためのアダプター

そして、αにつけるためのアダプターはこれにした。KIPONのアダプター。上記の2つのレンズは問題なくついた。 相性があるみたいで、ちょっとドキドキする。購入したレンズがCONTAXのGマウントなのかどうかも、チェックしなければならない。同じコンタックスでも、Nマウントというのもあったりする。

ほかにも選択肢はあるが、試してはいない。MAP CAMERAの記事を参考に、対応かどうかを確認した。

news.mapcamera.com

 

明るさはISO感度で調整する

露出については、カメラ本体ではなく、レンズ側のリングで調整する。なので、従来のカメラの常識でいえば、シャッタースピードで明るさを調整することになる。しかし、シャッタースピードが1/30とかになると手ブレの危険も出てくるので、なんとか1/60をキープしたいということになると、ISO感度で調整することになる。

フィルムカメラの場合はISOがフィルムによって決められてしまっていたので、ISO感度で調整するという概念はなかった。デジタルカメラになってからは、露出とシャッタースピードを優先したい場合、ISOでの調整ということになる。

αはとにかく暗いところで強く、ISO感度を上げても大丈夫なので、ちゃっちゃとISOで調整している。カスタムキーの設定で、コントロールホイールをISO感度に設定し、露出、シャッタースピードを固定して、くるくるとコントロールホイールによるISO感度で調整してしまうのだ(邪道)。

f:id:ryu2net:20181007225328p:plain

マニュアルフォーカスをどうするか(1)フォーカスピーキング

明るさについては、コントロールホイールによるISO感度設定で終わらせるのだが、もうひとつの問題がある。それがフォーカス。オートフォーカスでの撮影に慣れきっていると、フォーカス問題が一番頭を悩ませる。しかし、さすがはα。フォーカスについても、しっかりサポートしてくれる。そのひとつが、「フォーカスピーキング」。

フォーカスの合っているところがひと目で分かるから、あっという間にピントを(おおざっぱにだけれども)合わせられる。これがなかったら、正直オールドレンズを続けていけないくらいの便利機能。

f:id:ryu2net:20181007225643j:plain

 

 マニュアルフォーカスをどうするか(2)MFアシスト

 もうひとつの機能が、MFアシスト。画面の真ん中を拡大表示してくれるので、ピントをしっかりと合わせられる。フォーカスピーキングでざっくり合わせたピントを、さらにかっちり合わせていくのに使う。

f:id:ryu2net:20181007230159j:plain

通常のレンズであれば、MFでフォーカスリングを回すと自動的にMFアシストが起動するが、レンズとカメラが連動していないオールドレンズの場合、自分でMFアシストを起動する必要がある。僕は、シャッターのすぐ近くにあるC1というカスタムキーにMFアシストを当てている。必要なときにさっと呼び出すのである。

f:id:ryu2net:20181007230517p:plain

また、細かいことだが、MFアシストを解除するのに、レンズとカメラが連動している場合にはシャッター半押しで解除するが、これはそうならない。僕の場合、MFアシストの持続時間を2秒に設定して、2秒間でピントをあわせるようにしている(時間が足りなければ、またC1を押してMFアシストを起動すればいい)。5秒などの設定もあるが、スナップなどリズムよく撮影したい場合には、2秒がよさそう。

 

作例

Planner 45mmで少し撮ってみた。あくまで写りをみるものなので、写真はひどい。予めご了承を。

f:id:ryu2net:20181007172713j:plain

マンションからパシャッと撮ってみた。当たり前だが、写真情報に露出データが残っておらず、どれくらい絞ったか忘れてしまった。たしか11だったと思う。

f:id:ryu2net:20181007173425j:plain

くしゃみした瞬間。F2.0の開放。シャッタースピードは1/160。とっさにピントを合わせているので、ピントが甘々。

f:id:ryu2net:20181007184210j:plain

変顔2。F2.0は変わらず。シャッタースピードは1/125。ピントは服にあっていて、顔はボケた。F2.0の浅い被写界深度でピントを合わせて撮るのは、かなり大変。いずれも、MFアシストは使わず、ピーキングでざっくり合わせている。

 

橘田龍馬さんの「プロカメラマン養成講座」が目からウロコ。さっそくプロデビューします!

ちょっとした天啓があって、プロカメラマンを目指すことになった。とにかく表現手段を一つ、しっかりとしたものを持ちたいと思ったのだ。

それで、先日からαアカデミーで写真講座を受講しているのだが、確かに技術は学べるものの、プロカメラマンというには、(当たり前だが)かなり距離がある。

 

www.lifehack-street.com

いろいろ受講するなかで、ストリートアカデミーで橘田龍馬さんのカメラレッスンを発見。高い評価を得ていることもあって、迷うことなく受講を決めた。しかも、通常は複数人数での受講なのだが、無理言って3日間のプライベートレッスンにしてもらった。

f:id:ryu2net:20181006194116p:plain

www.street-academy.com

そこで学ぶことは、カメラの技術的なものだけでなく、どのように被写体と接し、関わっていくのか、どのように感情を引き出していくのかという、プロとしてのスタンス。

・ゴールから逆算して考える。「何を、どう撮りたいかを書き出して、答え合わせしていく」

・「どう撮りたいか」は、「かわいく」か「かっこよくか」の2つ。そこからさらに細かくイメージしてく。

・被写体は緊張しているので、カメラマンが撮りたい空気感をつくる。同じ空気感の中で撮影する。

・相手に妄想させて、感情を内側から引き出す。

などなど。この講座で何枚、目からウロコが落ちたかわからないくらい。言われてみれば当たり前の、しかし写真を撮るために必要な本質的なものを、教えてもらっているし、勇気をもらった。

ということで、プロカメラマンとしてデビューします!

16-35mm広角ズームで撮る飛行機整備工場

9月29日は、空の日。応募した整備工場見学が当たり、娘と一緒に行ってみた。これがとても面白かった。

まず、整備工場から飛行機の着陸の様子を間近にみる。ライトの点滅が1回なのか2回なのかによって、メーカーが見分けられるだとか、3度の入射角で着陸しているだとか、JALの日の丸はほぼ土俵の大きさだとか、いろいろな小ネタを交えながら、飛行機の面白さを伝えてくれる。

f:id:ryu2net:20180929110629j:plain

 

整備工場では、飛行機が一機、整備中。本物の迫力はやはりすごい。エンジンがまるはだかにされ、複雑な配管が見えている。当たり前だが、緻密な作りになっており、大型にもかかわらず精密機械のような雰囲気だ。

エンジンのブレードは一枚1000万円、エンジン一個は、「ブルゾンちえみの数字」とのこと。

f:id:ryu2net:20180929104047j:plain

f:id:ryu2net:20180929104856j:plain

f:id:ryu2net:20180929105223j:plain

f:id:ryu2net:20180929110314j:plain

 

撮影は、α7iiiに16-35mmの広角ズームレンズをつけて行った。F11程度まで絞り込んで、細部まで写るようにしてみたところ、かなりいい雰囲気になった。この方向で、いろいろ表現を模索してみたい。 

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K

ソニー SONY ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K

 

 

 

 

遅延時の新幹線ハック

大型台風が来るときに、計画運休を行うようになったJR。しかし過ぎ去った朝も、トラブルや点検などでどうしても遅延してしまう。僕も、京都での授業があったので朝、新横浜から京都へ向かう新幹線に乗ったのだが、案の定、80分遅れでの運行だった。

前日から7時半の新幹線を予約していたものの、来る新幹線は6時過ぎ出発予定だったもの。EX予約でチケットをとりなおそうとしても、すでに過去の時間の列車はとることができない。この場合の選択肢は、

・7時半のチケットのまま入場して、新幹線に乗ってしまう

しかない。

そのとき、もちろん自分の取っていた新幹線ではないので、席はない。ただ、この混乱の中で自由席は満席。せっかく指定席を取っていても、2時間も座れないのは辛い。

こういうときは、こっそり指定席の車両に行ってみると、意外にも席が空いていたりする。もちろん、その後、その席を取っている人が来たら譲る(当たり前だ)ことは前提だけど、座ってしまっても怒られたりはしない。自由席をこれ以上混雑させるのではなく、指定席券を取っていたという権利を、別の新幹線(自分の乗る電車よりも前の新幹線)で行使するのである。

これが白なのか、黒なのか、知りたい。

 

(追記)
ルール上はやはり黒だとのこと。

・指定席特急券等の列車を指定して発売するきっぷは、指定された列車に限り有効です。指定された列車の発車時刻を過ぎると無効となり、変更・払いもどしはできません。(ただし、指定席特急券については、乗り遅れた場合でも指定された列車の乗車日と同じ日のうちなら、普通車自由席に限ってご利用いただけます。指定席に乗車される場合は、指定席特急料金を全額お支払いいただきます。)

http://faq.jr-central.co.jp/detail/faq000190.html