LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ

小山龍介公式ブログ

自分キーワードを3つ設定する

ウェブサイトを作成するときにまずやることは、どのようなキーワードで検索されたいかということです。たとえば子供向けの知育玩具を扱うウェブサイトを作る場合、「知育玩具」だけでなく、「幼児教育」や「お受験」などの顧客が検索しそうな関連キーワードをいくつか設定して、そのキーワードで検索されるようにSEOと呼ばれる検索エンジン対策をします。そしてそのキーワードに沿ったコンテンツ制作を行い、キーワードに合わせた情報を行なうことになります。

これは企業のウェブサイト制作だけに、当然限りません。

僕の場合のキーワードを上げてみたいと思います。

ひとつは、この記事にあるような「ライフハック」です。『IDEA HACKS!』から始まる仕事術は、ライフハックのとくに創造的な面にスポットを当てて、仕事術の紹介を行っています。

ふたつめは、「ビジネスモデル」。『ビジネスモデル・ジェネレーション』の翻訳を手がけ、その後、一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会を設立、代表理事を務め、さらに名古屋商科大学ビジネススクールで准教授として教鞭をとっています。

三つ目は、文化財を活用した「地域活性化」です。文化庁の事業である日本遺産にプロデューサーとして関わるようになり、今やさまざまな日本遺産事業のためのフレームワークをつくるようになりました。その根本には、「場の思想」というキーワードもあります。

この活動の中で、さらに派生してのキーワードとして、創造性、ライフハックに絡んで「インプロビゼーション(即興)」、ビジネスモデルにおける「自己組織化」、地域活性化における「縄文」という古層などがあります。こうしたキーワードをもっていると、自然とそうした情報にピピッと反応する心が準備されます。そしてこのキーワードは、集まってきた情報を使った情報発信の際にも、「Aさんといえば○○」というトレードマークになるでしょう。

あなたのキーワード3つ、上げてみるとどんなものになるでしょうか?

f:id:ryu2net:20180403142037j:plain