読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ

小山龍介公式ブログ

28mmの単焦点レンズが面白い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近、ずっと55mmの単焦点レンズをつけていた。いわゆる標準レンズと呼ばれる画角で、見た通りの写真が撮れる。見たとおりなので、広角レンズのようにパースがかからないし、望遠レンズのように撮影対象とその背景が圧縮されたりしない。

 

SONY 単焦点レンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA フルサイズ対応

SONY 単焦点レンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA フルサイズ対応

 

 

それが、ここ最近28mmに付け替えてみたら、これが新鮮。たとえば、住宅地を撮影したのが下。広角レンズならではのパースがかかって、ダイナミックな感じが出てくる。実際の風景は、ごくありふれた住宅街なんだけど、パースがかかると電線が視界にどんと入ってきて、まるで違う風景になる。(Instagramのプラグイン使っているので、正方形になっていてすみません……)

 

 

https://www.instagram.com/p/_icnxmyYZp/

28mmの試し撮り

 

これは四谷三丁目の交差点を撮ったもの。建物が傾いているのでこれが広角レンズということがわかる。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/_lCb4cyYXu/

四谷三丁目

28mmの感覚は、「見たまま」ではまったくないものの、「普通に眺めている視界がすっきり入る」感じだ。55mmだと、どうしても視界の一部を切り取る感覚があったけれど、28mmは全部入ってくれる。被写体を選ぶときの感覚も、55mmはスポットで選ぶ感覚だけれど、28mmだと空間を探すような感じになる。

次の写真。これは先日のライブの写真なんだけど、55mmだと一人をズバッと切り取る感じになってしまうけど、28mmだと周りも入るんですよね。空間が写っている感覚。

https://www.instagram.com/p/_gg-QJSYYp/

リハ中

娘との旅行の写真。これも、後ろに向かって空間が入り込む。

https://www.instagram.com/p/_lqQVyyYfD/

今から会津若松へ向けて出発

55mmで同じようなことをしたのがこれ。同じように奥へと向かう斜めのラインがあるけれど、28mmほど強調されない。あくまで背景として収まってしまう。

https://www.instagram.com/p/_VNf2nyYSI/

バス待ち

 

28mmといえば、RICOHのGR。実は昔、GRを持ち歩いたこともあった。けどそのときは、この28mmがうまく使えなかった。今ならちょっとはうまく使えそうな気がする。

 

 

 

ということで、しばらく28mmを付けてみようと思います。