読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ

小山龍介公式ブログ

ハーバードビジネススクールの新プログラム「FIELD」の可能性

イノベーション 日本語

話題になっていたハーバードビジネススクールの新カリキュラム「FIELD」の概要が、ブログ(Generation Of Life~日常から新たな知恵や教訓を生み出し成長に繋げるブログ~)に載っていた。

f:id:ryu2net:20131122162837p:plain

ハーバードビジネススクール新プログラム「FIELD」とは?|Generation Of Life~日常から新たな知恵や教訓を生み出し成長に繋げるブログ~

この中でやっぱり気になるのが、FIELD3のマイクロビジネス起業プロジェクトだろう。3000ドルをもらいながらも、多くのチームが失敗に終わるというこのプロジェクトは、ケースでの「賢い」やりとりでは学べないさまざまなことに気づくことだろう。「愚かさ」から学ぶアプローチだといえるかもしれない。

ワークショップの設計においても、必ず2回以上、同じプロセスを繰り返すように設計する。そして一度目は失敗しても大丈夫なように、いや、むしろ失敗するように促す。そうすることによって、自分の限界や抱えている課題に気づくことができるのだ。

ケーススタディはその点、どのように工夫するとしても、ケース内のできごとを「他人ごと」として捉えることになる。そこでは、自分は失敗しない。

西田幾多郎の言葉を借りれば(というか、清水先生からの孫引きなのだが)

  • 意識的自己(誰かが自転車に乗るとはどういうことかを認識する自己)
  • 行為的自己(実際に自転車に乗る自己)

の違いということにも繋がるだろう。

ケーススタディは結局のところ、意識的自己というところの限界を抜け出せない。FIELD3は、行為的自己としての学びにつながっていくのだ。

 

関連記事