LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ

小山龍介公式ブログ

日本語

ビジネスの構造設計によって潰れない事業を作る

ビジネスモデル設計は、構造設計の側面も持っています。いくら優れた建築であっても、それが物理的に建設できなければ絵に描いた餅です。地震が来ても倒れないような耐震性も求められるでしょう。無重力空間に建物を建てるのでなければ、そこには必ず重力に…

目的はビジネスモデルそのものではなく、顧客価値の設計にある

建築との比喩で言えば、設計で重要となるのは建物そのものだけでなく、そこでどのような生活や活動が行われるかという点にあります。建物はあくまで箱であり、その箱のなかで活動する人こそが主人公であり、設計とは、そこで起こるドラマの設計なのです。 ビ…

モデルによってビジネスの全体像を把握する

ビジネスモデルですが、ビジネスの「モデル」というからには、これはビジネスそのものではなく、ビジネスを模したモデルということになります。プラモデルのガンダムが実物大のガンダムとは異なるように、ビジネスモデルと実際のビジネスは、当然異なります…

Appleによるモバイル決済イノベーション

Appleがモバイル決済の拡大を目論んでいるという記事が、ウォールストリートジャーナルに掲載されています。 iTunesストアの登録者は5億7500万人で、これだけの数の決済をプラットフォーム上で行なっているというのは、ほとんど存在しません。 米アップルはi…

イノベーションにまつわる不確実性を受け入れる

前回(ビジネスモデル構築に必要な三つの視点)でも触れたように、ビジネスモデル構築には三つの異なる視点からのビジネスの見直しが必要になります。しかしこれだけでは十分ではありません。イノベーションを起こそうとすれば、ここにもうひとつ、変化を起…

ピンチになれば英語は身につく! 究極の英語ハック!

小山:この前『ビジネスモデル・ジェネレーション』の著者のアレックス・オスターワルダーが日本に来て、セミナーを全部英語でやりました。僕も参加したんですが、この本の翻訳者として自己紹介もしなければいけなくて、「これは英語で何か言わなくてはいけ…

ビジネスモデル構築に必要な三つの視点

製品にとどまらず、ビジネスモデル自体にイノベーションを起こしていくためには、その事業全体を見渡す、いわばトップマネジメントの視点が必要になります。 トップマネジメントは、販売やマーケティングを考えるのと同時に、製造の状況も把握しなければなり…

あらゆるキャリアは偶然である

(2013年11月30日に行われたMBA EXPOでの講演録です。) この講演は「MBAが素晴らしい」ということを言う趣旨なので、まあ言っちゃいけないのかもしれないですけれど、実際ビジネススクールに行ってみたとき、僕は「こんなもんか」というふうに思いました(…

イノベーションの三つの変遷

イノベーションには三つの段階があります。 最初はプロセス・イノベーションです。T型フォードがベルトコンベアを使った大量生産によって、安価に提供されたのが、その典型例でしょう。製造プロセスにイノベーションを起こし、顧客が購入できる価格帯で自動…

調和を作るための右脳と左脳のバランス

――小山さんはすごく論理的な考え方をお持ちだと思います。そこに、右脳的な部分をうまくブレンドされているような気がします。どちらかというと、もともと左脳優位で、そこに右脳的な発想を、後天的に学ばれたのですか?たぶんそうだと思いますね。左脳優位…

今、日本のビジネスの現場に失われている即興力

――コンサルタントとして仕事をする中で、クライアントさんにはどのような変化がありますか? またクライアントさんが変化することによって、世の中がどのように変わっていっていると思いますか?すごく重要なのはインプロビゼーション、即興のメソッドです。…

世界を呼吸しながら本を書く

今はちょうど執筆モードに入っていて、それはそれはストイックな感じで作業している。25分タイマーをつけて、「ハイスタート!」とやり、25分たったら文字数を数える。イマイチな結果だったら、残り5分、追い上げをかける。その結果、1200字平均のアウ…

大量執筆を支えるプライベートライティングのテクニック

『IDEA HACKS!2.0』でも紹介したのですが、こうした大量執筆を支えているのがプライベート・ライティングという手法です。この手法は、思いついたことをどんどん、もれなく書いていくという方法です。考えるよりも手を動かして文字を書いていくということに…

10万字を書き切る25分執筆スタイル

今、新しい本の執筆にとりかかっています。この3日間で1万字を書きました。本に仕上げるには10万字必要なので、このペースで行けば30日で書き上がります。 ブログは短距離走のようなもので、思いついてさっと書ききれば、それでおしまいです。ところが本とな…

天井から音楽が降ってくる不思議体験をもたらした画期的スピーカー

2013年の買い物で、一番のヒットがこれ。シーリングライトにつけるBluetoothスピーカー。 ワイヤレススピーカーシステム SC-LT200/SC-LT205|ミニコンポ|Panasonic 最近のリビングは、かなり広い。そうなるとテレビとダイニングキッチンの間に結構な距離が…

技術に裏付けられた普及版をつくる

クリステンセン教授が日経新聞のインタビューに答えてこんなことを言っている。 ――日本復活の条件を教えてください。 「日本の大企業が新たな成長の機会をつくるには、シンプルで誰もが買える製品を開発するという原点に立ち戻るべきだ。かつてソニーが携帯…

バックキャストして考えれば、2014年、すでに大きな変化が始まっているのが分かる

新年は1年の抱負じゃなくて3年、5年の展望を考えよう - LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ というエントリーを書いたけれど、一年の予測というのはもう一面、積み上げ式のフォアキャストになるがゆえの難しさというのがある。近い将来であるがゆえに、過去…

新年は1年の抱負じゃなくて3年、5年の展望を考えよう

一年の予測をするのは結構難しい。例えば、国際紛争がどうなるだろうかという予測も、ちょっとした事件やできごとによってコロコロと展開が変わる。経済でも、消費税増税の影響について、そうでもないかもしれないし、大きなダメージになるかもしれないし、…

将来輝くための、社会人なりたての人に対するアドバイスは「声をかけられる人になれ」

小山:例えば若い新人、入って2、3年目の社会人なりたての人に対して、将来自分の軸を育てていくためのアドバイスはどんなものがあるんでしょうか? 能町光香さん:私は、新入社員でも、4~5年目、27、28くらいまでの人には「どんな方からでも声をかけられる…

2013年を振り返って。今年は助走、来年は離陸したいです

今年一年、会社という飛行機が滑走路を走りだした一年でした。社員の採用も再開して、再び機体が走り始めた。2014年はいよいよ離陸。その助走の一年でした。 ビジネスモデル構築のお仕事がいっぱい 2012年に翻訳出版した『ビジネスモデル・ジェネレーション…

ライフハック手帳の「ひとことライフハック2013年版」を一挙大公開

今年も販売開始したライフハック手帳ですが、この手帳、毎週「ひとことライフハック」が記載されています。 2013年版に記載したライフハックを、ここで大公開。ちゃんと一年のその時期に合わせたライフハックに仕上げています。 2014年版にはもちろん、新し…

新製品開発の成功率を高める製品開発プロセス「ラピッドプロトタイピング」

サッポロビールさんから新しいワイン「おいしいポリフェノールワイン」が発売されました。濃厚な甘口ワインで、アルコールに強くない人にも飲みやすい健康系ワインです。 おいしいポリフェノールワイン | サッポロのワイン | サッポロビール このワイン、2年…

優れたエグゼクティブが行っている時間管理術

小山:スケジュール管理についてもお伺いしたいです。私は、最近予定の調整のやりくりが大変なんですが……。何か、予定もないのに、忙しがっている人っているじゃないですか(笑)。 能町光香さん:いらっしゃいますね。 小山:なんか髪を振り乱して、あわて…

山本太郎がアメリカ人に受け入れられやすい理由とは?

【山本太郎参議院議員の直訴問題に、海外ネットも深い関心を示しています。アメリカのYahooニュースで配信されている関連記事には2013年11月11日までに1,218件のコメントが寄せられており、山本議員の行動を肯定的に評価する声が目立った。】 小山:ひとつは…

クックパッドに学ぶ、ネット事業で利益を出すためのもっとも重要な指標

驚異的な営業利益率を実現するクックパッドについて、記事があがっていた。ネット企業であるということで、もちろん利益率は高くなるのだけど、もうすこし詳細に見ていくと、3つの要因があったという。 なぜ、これほど高利益率なのか。3つの要因が考えられ…

ソーシャルゲームの行き着く先としてのドラクエポータル

スクエアエニックスが無料でドラゴンクエストⅠを配信してニュースになった。ドラコンクエストポータルアプリをインストールしてからダウンロードする方法で、これにより350万人のユーザーとのコンタクトポイントができあがった。 実際に500円程度で販売して…

定額サービスにより顧客と長い関係を築く

安定的な収益構造を持つビジネスは、どの企業にとってもうれしいものだ。その方法の一つとして、定額サービスという選択肢がある。毎回、一度きりの取引を繰り返していると、需要の変化によって収入が大きく変動するけれど、それが毎月定額となれば、安定的…

顧客と一緒に作ることで、変化そのものが魅力になる

僕は震災以降、石巻市に復興支援で月にだいたい1回程度行っていて、今はNPOの名刺を持って活動していたりもしています。 石巻市なんかも言ってみれば本当に田舎ですよね。仙台市と双璧だったんですけれど、今はもう仙台市は大きく発展して、石巻市は置いてい…

LIFEHACK手帳2014の写真は越後妻有の風景です

毎年、ライフハック手帳には写真を入れているんですが、2014年からは僕自身が撮った写真を掲載しています。いずれも越後妻有で行われた大地の芸術祭で撮影した写真です。 ご笑覧ください!

年間の目標をマイルストーンに落とし込む

――ハック手帳を作られた際、時間軸を見つけるということ以外に、何に気をつけたことはありますでしょうか。 この手帳は、タスク管理特化の手帳なんです。最初のページにタスクを1ページ50個、見開きで100個記録できるタスク管理ページを作りました。 ――「や…

おもてなしにおける時間と空間のデザイン

経験をデザインするときに、そのデザインは空間と時間をデザインすることになります。モノが、そこにただあればいい、ということではなく、そのモノが〈いつ〉〈どこに〉あるのかが問われるわけです。コンテキスト(文脈)が問われるわけです。 ただお菓子が…

「役に立つ」の時間軸を長くとる

インド人が0を発見したときのように、見つけた事実がすぐに、だれもが役立てることができる時代だったのならば、利便性を重視し、第一に考え、科学にそれを求めてもなんら問題は起きなかっただろう。けれどもうすでに、人が探求する真理に、人自体が追いつ…

打たれ強いブロガーになるためには〈他者〉を自己に宿すことが大切

自分がやることに対して具体的に手助けをしてくれるわけでもない第三者の評価を過剰に捉えて、足を止めてしまうというのは何なんでしょうね。 打たれ弱い奴はブログとか辞めたほうがいいんじゃないですか(山本 一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース という山本一郎…

起業プロセスに活用されるビジネスモデルキャンバス

大学生によるビジネスモデルコンテストで一位を取った発表。先日のアレックスのワークショップで紹介されていた動画だ。 注意すべきは、ビジネスプランコンテストではなく、ビジネスモデルのコンテストであるという点。絵に描いた餅のプランよりも、実際に検…

AmazonFreshはスーパー業界を破壊するか

昨日の記事(Amazonのドローン便が示唆する労働集約型産業の終わり - LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ)に続いて、今日もAmazonを取り上げる。AmazonFreshという生鮮食品配達のサービスである。シアトル、ロサンゼルスにつづいて、サンフランシスコでも始ま…

Amazonのドローン便が示唆する労働集約型産業の終わり

Amazonがドローンによる無人配送の技術開発を進めている。これが実現すれば、人力による配送が不要になる。人が介在すると常に、コストに跳ね返ってくる。ドローンを使うことによって、配送コストは劇的に下がるだろう。 こうしたロボットによる代替は、これ…

セブンカフェの原価は56.76円!

後発なのに一気にトップに立ったセブンカフェの秘密 - LIFEHACK STREET 小山龍介ブログでも指摘したのだが、100円という価格設定がインパクトをもたらしたセブンカフェのコーヒー。実はこの原価が50円を超えるという。 セブンイレブンの調達力をもってしても…

新技術のメリット訴求よりもリスク低減が重要な理由

とにかく人はリスクを避けたがる。先が読めないことを不安に思うものなのだ。一方、ごく少数の人は、リスクの先の可能性を過大評価する。こういう人が起業家になる。彼らの起業における成功率の見積りは、常に高すぎる。しかし、こうした人は本当に少数だ。…

任天堂プラットフォームが終焉を迎えるとき

WiiUが壊滅状態だ。一年経って100万台強という販売台数では、プラットフォームとしての魅力に乏しい。ユーザーニーズを完全に見誤ったというべきだろう。 個人的に、あの大きなコントローラーでゲームをしたいと思わない。テレビCMを見るたびに、「なんでこ…

イノベーションを阻む企業文化は、ヒエラルキー構造の組織から生まれる

基本的にイノベーションは現場から起こる。スティーブ・ジョブズがイノベーションを牽引した例もあるが、それもジョブズが「現場」にいたからだろう。基本的に現場を知らない人間からイノベーションは起こらない。Facebookのマーク・ザッカーバーグだって、…

想定外の要素を取り入れないとイノベーションは起きない

サイエンス思考で「積み上げてこういうことがきますよ」と言うより、アート思考で「今欲しい物何ですか?」と聞いた方がよっぽどイノベーションのネタをもらえる。そういうことをやっていかないといけない。 想定内で考えていると、あくまで既存のボックスの…

奥田民生『O.T. COME HOME』がすごい!

とにかく聴いてぶったまげた。すんごいかっこいい。これは文句なしでしょ。 正直、前回の録音ツアー『ひとりカンタビレ』から生まれたOTRLって、そんなに聴きこまなかった。曲はいいけど、やっぱり即興録音だからか、演奏の完成度としては、微妙に極まってい…

文化のハブとしてのTSUTAYA大型店こそオムニチャネル化すべき

TSUTAYAの大型店出店が続いている。代官山店に始まり、前橋みなみモール店、フィオレ菖蒲店(埼玉県久喜市)、ひたちなか店、新潟万代店、そして今年の春にオープンした仙台泉店は1万平方㍍近くになるという。そこでの戦略は、文化ハブともいえる圧倒的な品…

ニッセンを買収するセブン&アイの本気

オムニチャネル戦略を進めるセブン&アイが通販大手のニッセンをTOBすることを発表した。 セブン&アイ・ホールディングス(3382.T: 株価, ニュース, レポート)は2日、通信販売大手のニッセンホールディングス(8248.T: 株価, ニュース, レポート)の議決権の…

顧客との関係を活用したコマツの持続的イノベーションとビジネスモデル改善

コマツは、顧客にとってなくてはならない存在になる、というテーマのもと、顧客との関係構築にフォーカスをしている。その一方で、その顧客との関係から得られた稼働情報というリソースを活用して、需要予測やカイゼン活動を行っている。 ビジネスモデルキャ…

コマツの下方修正をもたらしたサイエンス思考の課題

東洋経済オンラインに興味深い記事が載っていた。 そもそもコマツは、需要予測の精密さでは業界内で一目置かれる存在だった。GPSと衛星通信を活用し、全世界のコマツ機の位置情報や稼働状況をリアルタイムで把握する独自システムを持ち、01年からは全建機に…

音楽でつなぐ絆、生活に芸術を取り込もう!

今週末、12/1(日)はライブです。音楽活動を始めたのが2011年1月。その後、震災が起こり、ボランティア活動を行いながら、継続してきました。 宮沢賢治の農民芸術概論綱要には、こんな言葉があります 曾つてわれらの師父たちは乏しいながら可成楽しく生きて…

原著者の語るビジネスモデルキャンバスの活用法

原著者のアレックスが登壇した来日記念セミナーでは、30分ほででしたが、とても興味深かった。個人的なメモとして、アレックスの話を書いておきたいと思う。 ビズジェネ・カンファレンス Vol.7:ビズジェネカンファレンスVol.7 Business Model Generation 20…

後発なのに一気にトップに立ったセブンカフェの秘密

経営というのはアートとサイエンスの融合。アートの部分で新しい成功パターンを発見したら、それを今度はサイエンスによって再現、拡大していくことになる。 セブンイレブンのカフェは、新しい価値を生み出すアートと、それを再現、拡大の部分のサイエンスで…

イノベーションに必要な3つの観点(あなたはどこから見ているのか?)

イノベーションを生み出すためのデザイン思考には、大きく3つの視点が必要だと考えられる。IDEOは、「Desirability (人)」「Viability (ビジネス)」「Feasibility (テクニカル)」という観点をあげている。 IDEO ではデザイン・シンキングのアプローチを考え…