LIFEHACK STREET 小山龍介ブログ

小山龍介公式ブログ

難易度を徐々に上げて学ぶ「英語多読法」

2017年は英語学習の年にしよう!と思いたち、年末から早速スタート。英語の学習法については、いくつか信頼している方法があるのだが、これもそのひとつ。英語をとにかくたくさん読むというもの。それも、使われている単語数の少ないものから徐々に難易度を上げていく方法だ。これが効く。

Graded readerで苦労せずに多読する

教材はGraded Readerと呼ばれる基本単語数を制限したものを使う。たとえば、OxfordのBookwormsのシリーズだと一番下のレベルは250語。このレベルは中学生でも簡単に読める。とにかくサクサク読めるので、苦痛が少ない。物語も大人向けの恋愛やサスペンスになっているので、それなりに好奇心を持って読み進められる。

f:id:ryu2net:20161231100547p:plain

elt.oup.com

 

中身はこんな感じだ。たとえばスターターレベルの「Starman」。

A big red car dirbes on a long, long road. In the car is a farmer, Bill. He is hot and tired. He wants to go home and have a bath.

Bill listens to the radio in his car and he sings. Bill likes singing. Sometimes people like Bill's singing - but not very often. "Starman"

スターターレベルを読んでいると「かんたんすぎる!」と思うかもしれないが、ここが重要で、何事も土台から作り直すのが一番の近道なのだ。油断していると、このレベルでも知らない表現が出てきたりもする。

 

Kindleだからできる多読

こうしたシリーズがOxford bookwormsであれば1000冊以上もある。これをすべて紙の本で買うとたいへんなことになるが、おすすめは電子書籍。Kindleで読めばかさばらない。読み終えたらすぐに次々に本を購入できるのも、モチベーション維持にぴったりだ。

すべてが電子化されているわけではないが、電子書籍になっているものがこのリンク先にリストにまとめられていて、便利。

petite-lettre.com

 

一日5000語、読書語数でペース管理する

これを今は、一日5000語を目安に読んでいる。5000語はそれほど難しくはないが、しかし毎日続けるとなるとそれなりの負担。3000語でもいいし、1500語でもかまわないけれど、大切なのは毎日続けるということ。Excelで語数をカウントして数字を積み上げていくと、それなりの達成感がある。

f:id:ryu2net:20161231104631p:plain

英語の「公文式」アプローチ

この多読法に似ているのは、公文のやりかただ。こどもを公文に行かせているのが、かんたんなものから徐々に難易度があがっていく。国語であれば、ひらがなからカタカナ、そして漢字へと、そのステップアップが非常に丁寧であり、またかつ毎日続けられる分量というのが、公文式の特長だ。

たとえば年長の国語の教材はこんな内容だ。こうした徐々にレベルアップしていく商法を、英語教育にも取り入れるのだ。

f:id:ryu2net:20161231095648p:plain

www.kumon.ne.jp

 

 

2016年ベストガジェット5

2016年を振り返ってみて、生活を変えたベストガジェットといえば、これ。

www.apple.com

Felica、いわゆるおサイフケータイに対応しておらず、今まで不便を強いられてきたiPhoneユーザーが、一気にユーザビリティを逆転したのがこれ。スマホをかざすよりも簡単に決済ができるこの仕組みで、iPhoneレス、財布レスで近所にでかけてもなんら不自由することがなくなった。

先日からはPokemon Goにも対応し、エクササイズの距離がPokemon Goに反映できるようになった。iPhoneのアプリを立ち上げっぱなしにしなくても、卵を簡単に付加させることができるのだ。

 

続いてこちら。

www.sony.jp

カメラ本体での手ぶれ補正に対応したモデル。さらにスマホアプリとBluetooth連携して、位置情報も付加できるのがうれしい。軽いし高機能ということで、α7R2の出番がぐっと減ってしまった。

難点はレンズ。α7との連携を取るためにフルサイズ対応のレンズを使っているのだが、Gレンズのズームレンズが24-70で、このままα6500につけると36-105となって、広角側がちょっと心もとない。広角側をカバーするためには、結局APS-C用のレンズも用意しないといけないのか。解放がF4で一段暗めになるのが気になる……。

 

3つめはこちら。

www.jp.playstation.com

この段階での完成度が十分かと言われればちょっと疑問もあって、ベスト、と呼ぶかどうかは、意見の分かれるところだと思うが、やっぱり見逃せない。VRのインパクトを十分に伝えることのできるガジェットだと思う。脳の空間認識がこれほどまで騙されやすいことに驚く一方で、身体感覚とのズレの気持ち悪さなどもいい意味で発見だった。

現状は、何かプレイするというよりも観ているほうが楽ちん。

 

さて、すこし細かなガジェットで、新奇性はないのですが、こちら。

www.amazon.co.jp

Macbookを使っていて、万が一のときにモバイルバッテリーからもチャージできるようにと、USB-C対応のものを購入したら、これが当たり。MacbookにつないだUSB-Cケーブルをそのまま接続するだけで充電が(ゆっくりではありますが)始まる。モバイル機器の感覚で充電できるのは、本当にびっくりです。電池切れを心配する必要がまったくなくなりました。

f:id:ryu2net:20161231024705j:plain

USB-Cの端子はモバイルバッテリーの充電にも使えるので、Macbook用のACアダプターを使ってエネルギーを充填もできます。ケーブル類を増やすことなく充電環境が充実した。

 

最後はこれ。動画編集をするようになって、Macbookの容量ではまったく足りなくなった一方で、HDDでは衝撃に弱く心配、ということで購入したSSD。

www.sandisk.co.jp

とにかく小さくて軽く、持ち運びがまったく苦にならない。これにどんどん動画を取り込んで編集。読み書きの速度も速いので、大きな動画も大丈夫。価格もこなれてきたので、HDDを買うよりも断然こっち。

 

とまあ、最後はそんなに新しいものではないけれど、実用という意味でご紹介しました。

 

さてもうひとつ、逆に「買わなかったガジェット」としてMacbook Proを上げておきたいと思います。予約もして、販売当日に到着する予定だったのですが、キャンセル。なんせ「重い」。Macbookを持ち歩くのになれてしまったら、もうあの軽さからは乗り換えられないですね。450g程度の違いとは言え、ずっしりきます。

Apple Storeで触れたあとで、Macbookに切り替え。Macbookの2016年のマイナーアップデート版に買い替えました。

www.apple.com

www.apple.com

 

 

www.lifehack-street.com

メタフィクションとしての『この世界の片隅に』から生まれる二重の居場所

居場所をめぐる物語。戦争の中で居場所を失う人たち。その失われてしまった居場所をていねいに描き出した作品。

すずの描く世界と現実の世界とが二重写しになって、そしてずれていく。あったはずの未来と、実際の現実。居場所は、私が居る場所であり、居なかったかもしれない場所である。

パラレルワールドとしての異界。居場所の二重性が、メタフィクションとしてしっかりと意識して描かれている。映画になることで、このメタな視点はより一層、浮かび上がっていたように思う。

ここでいう居場所の二重性というのは、たとえば地域に住みながら、日本国に住んでいるという包含関係ではない。実際の現実とありえた架空の現実のズレである。このズレに敏感になるとき、人々の生き方が変わる。戦時中、空爆や原爆で死んだのが、もし自分だったとしたら、という想像は難しくない。その「ありえたかもしれない現実」をもうひとつのパラレルワールドとして日々実感しながら生きることは、生に二重の意味を与えるだろう。

konosekai.jp

 

モバイルバッテリーからMacBookへの充電

f:id:ryu2net:20161003094621j:image

MacBook のいいところといえば、モバイルバッテリーからの充電が可能なところだろう。標準のUSBからUSB type-cに変換するケーブルを使えば、市販のバッテリーから給電・充電できてしまう。

バッテリー容量は39.5Wh。写真のモバイルバッテリーが83.6Whなので、単純に二回充電できることになる、のかな(?)。これは非常に心強い。9.7インチのiPadが27.5Wh、12.9インチで38.5Whなので、それほど変わらない。MacBookはこの点で、PCというよりモバイル機器なのだ。

最近ではUSB type-cの端子もついたものが発売されているので、乗り換え予定。

 

 

 

なぜ日本の子どもたちがひとりで学校に行けるのかーーそれは助けなしに行けるからではない

なぜ日本の子どもたちがひとりで学校に行けるのか。

www.theatlantic.com

その答えは、自分でなんでもできるから(self-sufficiency)ではなく、世間への信頼(group reliance)があるからだ。「日本の子どもは早いうちから、コミュニティのメンバーであれば誰にでも手伝ってもらったり、助けてもらえることを学ぶ」のだとDwayne Dixonはいう。

誰の助けも借りずに自立するのではなく、むしろ支えてもらえることを知ることで自立できる。それが日本の子どもなのだという。

iPhone7 plusの画角56mmは風景に使える

f:id:ryu2net:20160925152051j:image

これは東京ビックサイトからの眺め。これをiPhone7pkusの2倍ズームでとっている。35ミリ換算でこれは56mmの画角。端っこを見てもあまり歪んでない。

使って見てわかったのが、ポートレートよりもむしろ、こういう風景の方が使い勝手が良さそうだということ。

というのも、スマホで人の写真を撮るようなときというのは、結構近くにいることが多く、ズーム不要なんです。ズームにして撮れば確かにボケは得られるんだろうけど、スマホにしては不自然な距離をとることになる。

ところが上のような風景の撮影であれば話は変わってくる。56mmの自然な画角が、風景を自然に見せてくれる。これが28mmだと、ぐわっと広角に風景が広がり、演出がかって見えてしまう。

 

時間を重ねるための技術

f:id:ryu2net:20160925131121j:image

時間は重層的なものなので、その時間をどのように重ねるか、がキーになってくる。それは地域おこしの文脈でも商品開発でも、また芸術の分野でも同様である。時間をどのように重ねるということについての方法が必要になってくるのである。

地域おこしにおいて、過去の遺産や文化等を掘り起こすことは重要であるが、一方でその遺産の持つ精神性が現代にどのように接続されていたことを考えなければならない。

さらに、その活動が未来への広がりを持つためには、その地域だけではなく日本にとって世界にとって、どのような価値があるのかを取り続けなければならない。そのとき、地域おこしの活動の時間軸には、過去と現在、未来が重なり合ってくる。